定期運送用操縦士

高難易度の資格はいくつかあります。あまり馴染みのない資格もあり、その中では定期運送用操縦士というものが挙げられます。

定期運送用操縦士という資格は国家資格の一つです。航空従事者のための資格となります。航空機を操縦する機長などが、主に持っていなくてはならない資格となっているので、航空関係者なら知っている資格と言えるかもしれません。

世間的にパイロットと呼ばれている人はたいていこの資格を取得しています。この資格がないと荷物を飛行機で運ぶことができないからです。操縦するだけでも大変な仕事ですが、いろいろな物を飛行機では運んでいます。単純に人間だけを運んでいるだけではありません。だからこそ、こういった資格が必要となってくるのです。

この資格を取得すると、国内線や国際線のパイロットという進路もありますが、他には自衛隊のパイロットという就職先もあります。運行知識や実技力なども必要です。