プロジェクトマネージャ資格

情報処理を始めとするシステム業界において、プロジェクトマネージャが果たす役割は大きく、プロジェクトの円滑な進行や緻密な戦略や計画、総合的な責任を持つリーダーとして人員を統括する人のことを言います。システム全般の知識はさることながら、マネジメント能力を問われることも多く、真のプロジェクトマネージャはなかなか業界を探しても見つからないと言われています。

そして、プロジェクトマネージャの決断によって、プロジェクトの成否を大きく左右する結果となるため責任職に類する仕事です。日本ではプロジェクトマネージャ試験が知られ、高度情報処理技術者試験の中でも最高峰の試験であり、IT・システム業界に携わる人にとっての憧れの資格です。

またもっとも情報処理の世界で最難関の資格で合格率も12%です。実際に実務に携わっている人にとっても、受験しても合格することが稀な資格で、それを保持しているだけで高評価を受ける傾向があります。

プロジェクトマネージャの役割としては職務上ではスキル・能力の他に人望も問われ、しかも強運であることプロジェクトの成功を導く鍵を常に開ける要素も求められる場合があります。