一級建築士

一級建築士とは、国家資格を収得し、国土交通大臣の免許を得てから、設計、工事監理等の業務を行う者を意味します。

一級建築士試験は、専門教育を受けてから、一定期間の実務経験を経てから、受験資格が収得できます。

この試験は年1回学科試験が夏に、設計製図試験が秋に行われます。 ただし、設計製図試験は、学科試験に合格した人だけが受験できます。

一級建築士試験の受験資格は、最速で25歳です。

そもそも建築士のお仕事とは、超高層ビルから、行楽地の別荘まで、全ての営造物に繋がっています。 さらに、営造物の一つ一つの建設ばかりではなく、暮らしやすい街にするということまでにフィールドが拡張しています。                             

建築士にはいくつか種類があり、それぞれの所有権によって建造物の構成スケールが決められています。

また、建築士は、調査企画業務や設計業務、監理業務といった仕事があります。

なお、20世紀前半までは、建築家が全部こなしていましたが、今日では、医師と同様、さらに専門化が進行しています。