行政書士

行政書士になるには、国家試験に合格する必要があります。合格すれば日本行政書士会連合会の行政書士名簿に登録することができるようになります。他の資格でも行政書士の資格を満たせるものがあります。弁護士、公認会計士、税理士、弁理士がそれにあたります。これらの資格を取得しておけば、あらためて資格を取らなくとも行政書士になることができます。

行政書士の資格試験の大きな特徴は、受験資格に制限がないことです。このため、中卒や高卒の人であっても受験することができます。
また、実務経験を必要としないことも、この資格が多くの人に人気のある理由となっています。行政書士になるにはスクールに通って試験合格を目指すのが一般的です。

スクールには、半年から1年程度授業を受けるコースコースと、3か月という短期集中で授業を受けるコースの二種類があります。行政書士の試験は毎年11月に行われ、マークシート方式で回答する方式になっています。